2011年10月10日

LN535:ディベートの下調べナビ

ナビを使った授業のレポートが届きました!
ご報告ありがとうございます。

実施:聖ヨゼフ学園中高図書室
教科名:国語表現
単元:ディベート
学年:高校3年

関連するナビ
LN535-01:原子力発電を考える
LN535-02:死刑廃止を考える
LN535-03:自宅介護するべきですか?
LN535-04:尊厳死を考える

【準備】

9月最終週スタートの授業の準備を7月に開始。
まず教科担当者がディベートのテーマ4つを挙げて、
関連資料の図書館での購入を依頼。
テーマにあわせた本を司書が選書して図書費で購入。
ブックリストを作ると便利かも?と思いつき、
教科担当にライブラリーナビ作成を提案。
すぐに「作ってほしい」と依頼される。

7月に本を発注、8月に本の受入、ライブラリーナビを作成。

9月に入ってから、去年の反省を踏まえ、
資料の集め方を授業の最初にレクチャーすることを相談。

【授業】

第1時に教科担当がディベートとは何かを説明するということで、
授業を見学させてもらう。(教室での授業)
この見学で教科担当が何を目指しているか、
授業の到達点がどこなのかを司書が把握。
これにあわせた「資料の集め方」のレジュメを司書が作成することに。

第1時の後半でディベートのテーマ4種類を発表し、
ライブラリーナビ4種類を生徒全員に配布。
名前順にクラスを4班に分け、班毎にディベートのテーマを選ばせる。
テーマが決ったところで第1時終了。

第2時、図書館での授業。班毎に分かれて着席。
班に2台ずつインターネットパソコンを用意。(賛成反対に1台ずつ)
データベースは朝日新聞のみであるが使えるようになったことは大きい。
「資料の集め方」を配布して司書が説明。
導入で岩波ジュニア新書673『社会の真実の見つけ方』堤未果・著を紹介し、
情報は送り手の意向によって変化することを伝える。
9月19日のさよなら原発集会 
 朝日新聞…一面にカラー写真入の記事・天声人語でも取り上げる
 読売新聞…社会面に小さく文字だけの目立たない記事
6万人が集まった集会への扱いが2紙で全くことなる。
情報を集めるには方法がある。むやみやたらにやるのはダメ。
ではどうするべきか?→レジュメの説明

説明後、班のメンバーを賛成反対に二分させて、
その後、資料収集を開始。
ライブラリーナビを持ちながら図書館内を探し回る。
ライブラリーナビに掲載している資料で利用率が高いものについては、
他クラスの利用も考えて、貸禁処理してブックトラックに掲載。
図書館資料のほか、担当教諭の新聞記事のコピーや司書の私物雑誌なども
ブックトラックに掲載し館内閲覧のみ可能とした。
貸禁の資料は館内利用のみ。それ以外の資料は貸出可能とした。
ブックトラックに掲載されている以外の資料を書架から見つけたら、
それもブックトラックに載せて、
次回の授業ですぐに使えるようにすることも指示。

資料集めを始めるまえに説明をしておいたので、
安易なサイトのコピペに走ることなく、
各々が資料を探そうとする姿が見えた。
前年の同じ授業での生徒の動きとは異なり、
担当教諭と司書で安堵している。

【感想】

ライブラリーナビを使った授業をしてみたら…

○開けば、パッと全体が見られて書かれている内容がすぐわかるので、
4種類のテーマからひとつを選ぶときに使えた。

○ライブラリーナビは小さくコンパクトなので、
生徒のペンケースの中にすっぽり入って持ち運びに便利。
前の時間に配布したものでも、ちゃんと図書館に持ってきて使ってもらえた。
形がかわいいことも乙女心を満足させたらしい。(女子校なので)

○裏面にデータベースのIDとPWが記載されているので、
そこを見てデータベースを使う生徒が多かった。

○生徒が図書館で生き生きと活動している姿が見られた。
去年の同じ授業よりもよくなっている手ごたえが、
担当教諭にも司書にもある。

posted by 管理人 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業とのコラボレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

LN517:駒沢女子大学の図書館案内

517-1s.jpg<タイトル>駒沢女子大学の図書館案内

<見出し>
1 使ってみよう
2 困った時は・・・
3 上手に使おう!
4 本がたくさん!
5 読む以外にも・・・

517-5s.jpg

517-7s.jpg

517-4s.jpg

517-8s.jpg

517-3s.jpg

<制作>駒沢女子大学「学校経営と学校図書館」受講生作品 2011

<講師コメント>
司書教諭課程の授業でライブラリー・ナビ作りにチャレンジしました。
大学図書館紹介ナビと自己紹介ナビを作りました。
学校図書館について学ぶ前に,
改めて「図書館」は何が出来る場所なのかを考えてみようというのがねらいでした。
が,結果的には,お互いに作った自己紹介ナビで大盛り上がりしました(笑)
posted by 管理人 at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業とのコラボレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

LN420:国語でナビ

ナビのレポートが届きました。ありがとうございます!

**********************

北海道の豊似中学校で国語を教えています。
学図研北海道大会でLNについて教えていただいた者です。

国語の時間を使って、中学3年生(全員で6名)を対象に
まずは「自己紹介ナビ」を作成しました。
初めてということもあって説明から入り、
下書き〜完成まで5時間ほどかかりました。

DSCF3697.JPG

その自己紹介ナビを町内研究会で3年教室においておき、
みていただきました。

DSCF3695.JPG

その後、「お気に入りを伝えるナビ」を作りました。
「I LOVE ジャンプ」(週刊ジャンプ)
「奇跡のシンフォニー」(映画)
「シャープペンシル」
「サウンドホライズン」(ミュージシャン)
「新垣結衣」
「まんがの魅力」
というタイトルです。

DSCF3696.JPG

2度目になると要領もよくなりました。
生徒たちはすっかりLNのおもしろさに夢中になり、
総合科でのまとめにLNを使うという生徒もでてきました。

先生方にも好評で、他教科でも「つくろうかな」という声がきこえています。
そして今度は2月にある入学説明会のときに
「3年生だから知っている学校紹介ナビ」を渡したいということで、
一人1ページを担当して、3年生6人からのプレゼントとして作成しています。
また機会があれば他の学年でもやってみようと思います。

posted by 管理人 at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業とのコラボレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

LN421:電気理論でナビ

3年生の3学期、授業日数が少ないのに加え、
入試関係で授業がつぶれることもあり、
「2時間×2日しかないんだけど何かいいアイデアない?」と
担当の先生から相談を受けた。

15人の選択授業。
とりあえず、最初の2時間はレポートを書かせるとのこと。
与えられたいくつかのテーマの中から選んで、
あるいは自分で決めたテーマに沿って
図書館で調べてレポートを作成する。

LibraryNAVIは、定期試験の後の消化試合みたいな
「半端な時間」を埋めるのにもぴったりなアイテム。
自己紹介ナビなら1コマでもなんとかなるし、
もう少し時間がとれれば、さらに面白いことができると思う。
そんな話をしながら、
次の2時間で、LibraryNAVIをつくってみませんか?
と提案したところ、採用してもらえた。
前回の授業で書いたレポートを、
一時間目にナビに落とし込んで、
二時間目にみんなの前で発表する、という流れを考えた。

カラフルな用紙で作った「素ナビ」
(すなび=事前にカットして表紙にナビのロゴスタンプを押し、
折って書き込むだけでできあがり、のナビのモト)を配り、
見本のナビを配り、ナビのしくみと作り方を説明し、
すぐに制作に取りかかった。

421-a.jpg

5つの見出しを考えるところが一番大変で、時間がかかった。
見出し=構成が決まれば、あとはスルスル書ける。
前の授業でレポートを書いた時にはナビを想定してなかったので、
追加で調べる必要が出てきた生徒もいた。
1時間では、やっぱり少し足りない。
時間切れで発表することになった生徒も多かった。
もう1時間あればよかったかな。
最初からナビを前提に調べる方が効率がよさそう。
ナビを発展させてレポートにできるし。

ナビを見ながら発表する、あるいは発表原稿としてナビを作る、
というのは、なかなかいい感じだった。
伝えようとする相手にわかりやすいように、
大事なところだけをシンプルにまとめるという点で、
レジュメづくりとナビづくりは似ている。

発表は、1人3分、時間が余ったら質問コーナー、という形で
進めたところ、時間が押してしまい、まとめの時間がなくなってしまった。
ホントはナビが完成したあとや発表のあとに、
ナビを作るってこういう意味があったんだよ、って伝えられるとよかった。

ナビを作るプロセスには、
テーマを決める
情報を集める
考える
取捨選択してまとめる
発信する
といったステップが全部入っている。
情報リテラシーなんて言葉を事前に説明しなくても、
今やったことが、そのまま情報リテラシーの実習になっている。
やりっぱなしにしないで、解説というか種明かしというか、
そういうのがあった方が後に残る気がした。

担当の先生がとても喜んでくれたのが一番の収穫かも。
他にもいろいろ応用できそうですよね、って言ってもらえた。
でも、自分独りでできるかな…と、ちょっぴり心配そうだった。
確かに、いつでもナビの心得のある人とTTができるとは限らない。
授業案や教材キットみたいなものも、
用意しておくといいかもしれないと思った。


421-b.jpg
完成したナビたち。


LN421-01:アマチュア無線の免許
421-01.jpg

LN421-02:エコカー
421-02.jpg

LN421-03:LEDについて
421-03.jpg 421-03-1.jpg

LN421-04:オシロスコープ
421-04.jpg

LN421-05:クーロン
421-05.jpg 421-05-1.jpg

LN421-06:携帯電話の歴史
421-06.jpg 421-06-1.jpg

LN421-07:原子と電子
421-07.jpg 421-07-1.jpg

LN421-08:国際単位系
421-08.jpg

LN421-09:測定器について
421-09.jpg

LN421-10:地デジ
421-10.jpg 421-10-1.jpg

LN421-11:電池
421-11.jpg 421-11-1.jpg

LN421-12:とある科学の新エネルギー
421-12.jpg

LN421-13:ロボット(ASIMO)の誕生について
421-13.jpg

LN421-14:論理回路
421-14.jpg

<制作>横須賀工業高校 電気科3年生 2010
posted by 管理人 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業とのコラボレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

古典でナビ

国語でナビ同パート2でおなじみのN先生、
次の異動先でもナビが好評だそうです。
古語の活用ナビを送ってくれました。
Wordフォーマット使用。表がとても見やすいです。
試験対策には必携?!

391-01-1.jpg<タイトル>LN391-01:用言の活用
<見出し>
1 形容動詞
2 形容詞
3 変格活用
4 上一段・下一段
5 四段・上二段・下二段
裏 本動詞と補助動詞

391-01-2.jpg

<制作>神奈川県立新城高校国語科 2009


391-02-1.jpg<タイトル>LN391-02:助動詞の活用
<見出し>
1 その他
2 連体形・体言
3 終止形接続
4 連用形接続
5 未然形接続
裏 反実仮想の「まし」について

391-02-2.jpg
<制作>神奈川県立新城高校国語科 2009


posted by 管理人 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業とのコラボレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

LN381:三角比

381.jpg<タイトル>三角比
<見出し>
1 相互
2 90°-A
3 正弦(sin)
4 180°-θ
5 余弦(cos)

381-b.jpg

<内容>学習に役立つ書き込み式ナビ。

<制作>千葉県立松戸秋山高校数学科 2009

関連記事 「LibraryNAVI、数学とコラボする」
posted by 管理人 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業とのコラボレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

LN375:地いきの昔話を知ろう!

375.jpg<タイトル>地いきの昔話を知ろう!
<見出し>
1 最初に
2 昔話とは
3 昔話を調べよう
4 館内配置図
5 面影小学校の資料

<内容>地域の昔話について調べる国語の授業の導入にナビを使用。館内配置図やブックリストがついて、パスファインダー的に使える。

<制作>鳥取市立面影小学校図書館 2008
posted by 管理人 at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業とのコラボレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LN373:国語でナビ パート3

国語表現の授業で、LibraryNAVI制作をしました。
担当のO先生は、ピカピカの新採用ぴかぴか(新しい) 
学校司書からLibraryNAVIのことを聞いて、
さっそく授業に取り入れてくれました。

【作品の例】
LN373-1 善と悪 聖と邪 光と闇
373-1.jpg

LN373-2 頭にやさしい雑学読本
373-2.jpg

LN373-3 猫について
373-3.jpg

LN373-4 スパイウェアが入ってしまった!!\(^o^)/
373-4.jpg

LN373-5 各社のゲームミュージックの音源
373-5.jpg

LN373-6 紅茶ナビ
373-6.jpg

LN373-7 メールで送れる名言 メー言
373-7-1.jpg373-7-2.jpg

LN373-8 Peter Pan and Fairy Land
373-8-1.jpg373-8-2.jpg

LN373-9 妖怪曼荼羅
373-9.jpg
<制作>神奈川県立横浜桜陽高校 2009
posted by 管理人 at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業とのコラボレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

LN368:世界史のナビ

LN356の第2弾、今度は世界史12点セット!見出しごとに、参考になる本の紹介や調べ方のコツなどが書かれている。

<制作者コメント>2年生4クラス(4単位)の同時展開。「自由」なのでテーマ決めが一番重要になります。蔵書数はそれなりですが使える本がほとんどなく、とにかくテーマが散ってくれることを祈って、事前にLibraryNaviを作っています。以前はパスファインダーを作ってみたのですが、LibraryNaviにはそれ自体に手に取らせる魅力があるようでよく見てくれます。(その授業をしている教員は昔から同様のレポートを課しているので、過去のレポートを見せてもらってLibraryNaviのテーマを決める参考にしています。)

LBtenji.jpg普通の白い模造紙にブックポケットを貼って,ガムテープをかぶせて貼って補強しています。それにポケットにたくさん入れようとしないで,手にとってもらう分は手前に段を作って並べました。



<管理人からのお願い>
こちらの学校では、2009年度の夏ごろ、第3弾として日本史のナビ作成を予定しているそうです。

日本史関連のナビの情報を、ぜひお寄せください!

「こんなナビをつくりました」「こんなナビがあったら使える!」などの情報やアイデア、実物提供も大歓迎!ブログのコメント欄、またはLN研究会宛のメールにてお知らせください。


368-01.jpg<タイトル>LN368-01:海賊
<見出し>
1 海賊の歴史
2 キャプテン・ドレーク
3 海賊船
4 カリブの海賊
5 ヴァイキング
裏 その他


368-02.jpg<タイトル>LN368-02:巨大遺跡
<見出し>
1 ナスカの地上絵
2 アンコールワット
3 万里の長城
4 インカ文明
5 ピラミッド
裏 その他


368-03.jpg<タイトル>LN368-03:国別の歴史の調べ方
<見出し>
1 目で見る世界の国々
2 体験取材!世界の国ぐに
3 新版世界各国史
4 分類番号
5 地球の歩き方
裏 その他


368-04.jpg<タイトル>LN368-04:三国志
<見出し>
1 三国志
2 曹操
3 劉備
4 諸葛孔明
5 史記
裏 その他


368-05.jpg<タイトル>LN368-05:人物の肖像の探し方
<見出し>
1 偉人なら完璧!
2 ヨーロッパ限定
3 肖像画は索引から!
4 20世紀限定
5 とにかく図!
裏 その他


368-06.jpg<タイトル>LN368-06:大航海時代
<見出し>
1 クック
2 マゼラン
3 マルコ・ポーロ
4 コロンブス
5 インディアン
裏 その他


368-07.jpg<タイトル>LN368-07:ナチス
<見出し>
1 世界恐慌
2 強制収容所
3 ヒトラー
4 アンネ・フランク
5 アウシュヴィッツ
裏 その他


368-08.jpg<タイトル>LN368-08:秘密結社
<見出し>
1 秘密結社
2 陰謀
3 薔薇十字
4 マフィア
5 フリーメーソン
裏 その他


368-09.jpg<タイトル>LN368-09:フランス革命
<見出し>
1 フランス革命
2 革命家
3 ハプスブルク家
4 マリー・アントワネット
5 ナポレオン・ボナパルト
裏 その他


368-10.jpg<タイトル>LN368-10:ベトナム戦争
<見出し>
1 ベトナムの歴史
2 ホー・チ・ミン
3 ベトナム現代史
4 ベトナム戦争
5 帰還兵
裏 映画


368-11.jpg<タイトル>LN368-11:モノの歴史の調べ方
<見出し>
1 MONEY!
2 ○○の歴史
3 オートバイ
4 暦の歴史
5 発明がはじまり
裏 その他


368-12.jpg<タイトル>LN368-12:ルネサンス
<見出し>
1 「本」の歴史
2 メディチ家
3 地動説
4 ルネサンス建築
5 ダ=ヴィンチ
裏 ペストの流行


<制作>埼玉県立飯能高校図書館 2008



posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業とのコラボレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

大学でナビ

大学の司書教諭課程「学習指導と学校図書館」の授業にゲスト参加し、LibraryNAVIを使った授業の紹介とワークショップを行いました。

前半は、国語科N先生による「国語でナビ」授業のレポート。教師の視点から、ナビを授業に取り入れたねらいや成果について話してもらいました。

後半は、自己紹介ナビ作成と名刺交換会。限られた時間内に書けるように、高校の授業で使った自己紹介ナビのフォーマットを利用しました。

名刺交換会では、同じ講義を受けているのでお互い何となく顔は知っているけれど、直接話したことがないという学生さんたちが、名刺ナビを見ながら和気あいあいと会話する姿が見られました。

講義終了後に質問に来てくれたある学生さんは、その後さっそく教職の模擬授業にナビを取り入れてくれたそうで、以下のようなメールを送ってくれましたかわいい

英語の模擬授業では
新美南吉の『手袋を買いに』
といった教材を扱ったのですが、、、
 
新美南吉についての知識を深める
"導入"の部分で
ナビを活用してみました。
 
ナビの形状が珍しいせいか
授業の食いつきは予想以上に良くて
 
生徒役の人たちからのフィードバックでも
「プリントが神!!」
などといったコメントをもらえるほどでした★☆笑
 
そして授業後には、、、
 
先生にも
「配布資料が面白い!!違う学校の生徒にも見せたい!!」
と声をかけていただくことができ、、、
 
2部ほど余分に
配布資料を持っていかれました♪笑
 
このように、、、
今回の授業における
ナビへのリアクションは大変よいもので、、、
 
普通のA4の紙で
参考資料を配布するより
 
ナビのような
ちょっとした遊び心のある
配布資料を用いた方が
 
生徒の授業に対する取り組み方も
顕著に変るといった成果があったので
 
一応、報告させていただきました。


posted by 管理人 at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業とのコラボレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国語でナビ パート2

「国語でナビ」のN先生は、転勤先でもナビを活用してくれています。

最初の授業で自己紹介ナビを書いてもらったのに続けて、3年生の選択授業では自由テーマでナビを制作しました。

【作品の例】
081119_2034~01.jpg081119_2034~02.jpg

081119_2035~01.jpg081119_2035~02.jpg

その他「日本の貴重な野生動物」「詩本」「私の好きな曲」など、ユニークな作品が誕生しました。

【報告】平塚農業高校初声分校 2008

posted by 管理人 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業とのコラボレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

LN356:現代社会のナビ

<制作者コメント>地歴で個人レポートの授業が毎年あり,はじめの3時間ほどたくさんの生徒が同時にレファレンスを求めてくるのでひとりひとりに時間が割けず,歯がゆい思いをしていました。それで,関ブロで教わったLibraryNAVIを作ってみたところ大成功!まずはナビを手にして自分で書架をあたる子が多く出て,レファレンスまでの時間がばらけたので,ひとりひとりに対応する余裕が生まれました!テーマ設定のヒントにもなるので,担当教員にも大変よい資料だと感謝されました。
08-01-08_17-12.jpg

<管理人コメント>8クラス同時展開に対応するために生まれた迫力&充実の12点セット。大きなテーマからさまざまなトピックへと視野を広げてくれるナビ。ひとつの見出しごとに1〜数冊の本が紹介されている。Wordフォーマット使用。

081210_1011~03.jpg<タイトル>LN356-01:エイズについて考える
<見出し>
1 エイズとは
2 川田龍平さん
3 薬害
4 世界中でエイズと闘う人々
5 STD(性感染症)
裏 その他


081210_1010~03.jpg<タイトル>LN356-02:環境汚染
<見出し>
1 埼玉の環境
2 アスベスト
3 エコで金儲け?
4 環境基本法
5 公害
裏 沈黙の春


081210_1011~04.jpg<タイトル>LN356-03:経済格差
<見出し>
1 ホームレス
2 日本の経済
3 ワーキングプア
4 経済格差
5 貧困
裏 高校生からの株入門


081210_1011~02.jpg<タイトル>LN356-04:ゴミ問題
<見出し>
1 ダイオキシン
2 清掃作業員
3 漂流ゴミ
4 ゴミ問題の基本
5 リサイクル
裏 捨てられたモノの行方は


081210_1009~02.jpg<タイトル>LN356-05:差別
<見出し>
1 世界人権宣言
2 ハンセン病
3 差別
4 バリアフリー
5 人種差別
裏 宗教の差別


081210_1010~01.jpg<タイトル>LN356-06:児童虐待
<見出し>
1 虐待
2 セクハラ
3 浮浪児
4 いじめ
5 子どもの現状
裏 子どもの権利条約


081210_1009~03.jpg<タイトル>LN356-07:ジャーナリズムを考える
<見出し>
1 新聞の歴史
2 報道被害
3 アクセス権とは何か
4 犯罪報道
5 メディアのウソ
裏 その他にも


081210_1010~02.jpg<タイトル>LN356-08:食料
<見出し>
1 飢餓
2 飲み水
3 狂牛病
4 生産地で飢える
5 食品添加物
裏 メタボリック


081210_1009~01.jpg<タイトル>LN356-09:人口問題
<見出し>
1 人口学とは?
2 人口危機
3 人口と資源
4 高齢化社会
5 なぜ「産まない」か
裏 その他


081210_1011~01.jpg<タイトル>LN356-10:戦争
<見出し>
1 虐殺
2 少年兵
3 アメリカ
4 国際連合
5 紛争地図
裏 ぼくがイラクへ行った理由


081210_1010~04.jpg<タイトル>LN356-11:地球温暖化
<見出し>
1 二酸化炭素
2 ペンギンの危機
3 京都議定書
4 オゾン層
5 地球は大丈夫?
裏 ネットで探す


081210_1009~04.jpg<タイトル>LN356-12:ハラスメント
<見出し>
1 セクシャルハラスメント
2 自己否定するとき
3 DVはなぜ起きるのか
4 デートDV
5 世界のDV
裏 その他


<制作>埼玉県立飯能高校図書館 2007
posted by 管理人 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業とのコラボレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LN355:自己紹介ナビ

355-1.jpg<タイトル>(じぶんの名前)
<見出し>
1 自己紹介
2 好きな本
3 趣味・特技
4 好きな**
5 国語は…
裏 最後に一言…
355-2.jpg

<内容>国語の授業で最初に生徒に書かせた書き込み式自己紹介ナビ

<制作>神奈川県立平塚農業初声分校国語科 2008

posted by 管理人 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業とのコラボレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

図書館オリエンテーション

図書館オリエンテーションの季節ですね。
何かと慌ただしい4月ですが、
ナビにハマっているみなさんは、それぞれに工夫を凝らして
オリエンテーション用ナビをつくっていらっしゃることと思います。

当ブログでは、
みなさまからのレポートをお待ちしていますぴかぴか(新しい)
ナビを使ったオリエンテーションの様子や、生徒さんの反応など、
どうぞお気軽に、コメント欄に書き込んで下さいね。
お名前や所属はなくてもかまいません。ハンドルネームでOKですよ?

ちなみに、私(管理人T)は今年はじめて「司書ナビ」をつくりました。
ナビを見ながらだと、司書ってなあに?という説明がしやすかったです。
また生徒だけでなく、転勤してきた先生方にも
自己紹介を兼ねて司書ナビを配りました。
司書のPRと、LibraryNAVIのPR、一石二鳥を狙ってみました。

昨年からナビにチャレンジしたい、と言っていたある先生は、
今年1年生の担任になったことをきっかけに、
最初のロングホームルームの時間に
クラス全員で自己紹介ナビづくりをしたそうです。
ナビがきっかけで友だちができたりしたら素敵ですね手(チョキ)

ところで。
考え抜いた末にできあがったナビって、つい人にあげたくなりませんか?
気分はすっかり「ウチの子自慢」。
業務連絡や相互貸借など、学校間でやりとりする封筒の中に
そっとナビが添えられていたりすると、うれしくなっちゃいます。


posted by 管理人 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業とのコラボレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

国語でナビ

授業のアイデアを探しに図書館に来た国語の先生(20代女性)に、LibraryNAVIづくりはいかが?と提案してみた。「考えをまとめる」「書く」「自分の言葉で表現する」など、これまでの授業で力を入れてきたという要素がすべて入っているナビは、1年間の締めくくりにぴったり。面白い、やろうやろう、と盛り上がって、さっそく実施することになった。

IMGP2511.jpg【授業の概要】
1年生3クラス、各3時間で計画。場所は図書館(図書館が利用できない場合は教室)。
1時間目:ナビの説明→テーマ決め→ナビづくり
2時間目:ナビづくり
3時間目:合評会


A4のコピー用紙を斜めにカットして、一つ目の蛇腹部分(表紙の部分)を折り、表紙にナビハンコを押したものを、即席のナビ原稿用紙として配布。先生が、用意したプリントを見ながらナビの説明と、折り方や見出しの説明を簡単にしたあと、さっそくテーマ決めに入る。

temoto2.jpgテーマは自由。なかなかテーマが見つからず、うろうろして1時間終わる生徒もいたが、ぴったりフィットするテーマが見つかった生徒は先生が用意した色鉛筆やマーカーを駆使してすごい集中力で書き込んでいて、会話をすることもはばかられるほど。2時間目が終わる頃には、個性豊かなナビが次々に誕生した。しっかり作りたいからと、家に持ち帰る生徒も。


IMGP2611.jpg3時間目は、出来上がったナビを机に並べて合評会。クラスメイトの作品を一つずつ眺めながら、感想をコメント用紙に書き込んで行く。「え〜、これお前の?すげ〜うまい!」「こういうことに興味があったんだ〜」などとあちこちで盛り上がっていた。1年間一緒に過ごしてお互いの性格もよくわかっているクラスメイトだからこそ、意外な一面が発見できて面白かった模様。


【作品の一部】
bike.jpgguiter.jpgnavy.jpg
novel2.jpgquiz.jpgrc.jpg

【司書の感想】

生徒の意外な素顔が発見できて、先生も私も楽しかったです。

これは新しい!と思ったのは、パズル/クイズなど「書き込んで遊べる」ナビです。自作ではなくネタ本から写したものですが、クロスワードをきれいに書いていたり、A面に問題、B面に回答を書いてあったりと誰に教わった訳でもないのにナビの形を上手に活かしていました。図書館の蔵書には書き込みできないけど、ナビなら書き込みOK!

ネタが浮かばない子が数人、ギネスブックからの抜き書きをしていましたが、これも視点や切り口がいろいろあって、ちゃんと個性が出ていました。コンテンツは本の丸写しでも、ナビの形に落とし込む過程でその生徒なりの「編集」「発信」作業が加わり、「単なる丸写し」以上の何かになることが実感できました。

裏面などに参考文献のタイトルや請求記号を書いておくと、ナビを見て興味を持った他の生徒が本にアクセスできる、ということに途中から気づいて書き込んでもらうようにしました。

職員室で、担当した先生とああだこうだ言いながら提出作品を眺めていたら、他の先生たちが「何見てるの?」と集まってきました。「文章を書くのが苦手だと思っていた生徒が、やらせてみるとこんなに書けるんだね」と感激したり、理科や英語でも授業でナビを使ってみたい、という声が出ました。調べたことを発表するときのレジュメ代わりにナビをつかってその後レポートとして提出する。英語のスピーチの台本に使う。理科の実験の手引きにする。などなどアイデアが広がりました。


【報告】神奈川県立横須賀工業高校図書館 2008


posted by 管理人 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業とのコラボレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

LibraryNAVI、数学とコラボする

P1000889.JPGLNを見た高校の数学の先生(20代男性体育会系)が、これは使えると1年生の数学の授業で使ってくれた。その授業に行ってお手伝いをした。


内容は「冬期中間試験対策カンペナビを作ろう!」。
「えーっ!私はカンペを見るような人間になりたくなーい」と生徒からはブーイング。
「ちがうちがう、授業の最後に仮テストをする。その時はこのナビを見てもよいことにする」と先生が説明。

ナビの見出しは「基本」「たすきがけ」「平方根」「解の公式」「解いたら…」裏「覚えよう!!」

公式や説明そして例題、先生が書いたものを印刷し、ところどころの空白に生徒が穴埋め式に書き込む。
P1000891.JPG

表紙のテーマ『数学 2次方程式の解き方』は生徒に自由に書かせ、自分のものと分かるようにマーク・絵なども入れてもらう。
これで、自分だけのカンペナビの出来上がり。
P1000895.JPG

P1000894.JPG


この生徒たちは、4月の図書館ガイダンスで「自己PRナビ」を作っているが、LNはほとんど忘れていたようだ。

P1000899.JPG
表紙を自分で書かせることによって個性豊かなナビが出来上がった。
生徒は問題を解きながら、ぴろぴろとLNを見ていた。

ポイントしか書かれていない、そして見出しがあることによって見たいところがすぐに見つけられる。

カンペと言うよりも、これは教科書だ!
P1000893.JPGP1000892.JPG

先生のコメント

【LibraryNAVI 数学ヴァージョン(通称カンペナビ)】

図書館で生徒の補習をしていたら、宮さんが隣で何やら怪しげなものを作っていました。説明を聞くと、1枚の紙でできていることにビックリ。

これは授業で使えると、とっさに閃きました。

[ポイント]
・私の授業スタイルは生徒参加型を意識しているので、LNならば生徒に作業させることができる。
・コンパクトで、かつ情報(数学の場合、公式)を整理できる。
・低コスト(紙1枚)

[結果]
・ 勉強嫌いの生徒が積極的に参加してくれた。
・(女子生徒が多いので)デザインをカラフルにするなど各自工夫してくれた。
・ クラスの平均点が上がった!(統計を取ったり、因果関係を明確にした訳ではないが…)

[感想]
・ コンテンツを絞るのが意外と難しい。
・ 今回は内容を先生(私)が書いたが、次回の試験前には、内容のほとんどを生徒にまかせて完全にオリジナルのカンペナビを作らせる予定。
・年間を通して定期試験毎にカンペナビを作れば、年度末の総まとめにも役に立つ。

[最後に]
面白い教材に出会えました。
工夫のし甲斐があるので、今後も利用させていただきます。

【報告】神奈川県立小田原城東高校図書館 2007


posted by 管理人 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業とのコラボレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする